社長あいさつ

生産現場の運転管理高度化

株式会社j5Japanは生産現場の運転管理に特化したソリューションを提供する会社です。

今日の生産現場では、

  • 企業存続の必須条件であるコンプライアンスの徹底と安全・安定操業の確立
  • 生産計画に基づくさらなる品質と生産性の向上
  • 生産設備老朽化に伴う設備保全管理の強化と生産設備の信頼性の維持
  • 要員の若返りに伴う人材育成と現場力の向上

などの取り組むべき課題が山積し、業務量の増加もしばしば見受けられます。

マネジメント適正化で課題解決

これらの課題に対して生産活動の中核をなす運転部門では、操業要件を達成にむけて、運転部門の各種リソースを適正に配分し、運転のマネジメントシステム(運転方針、業務プロセス、役割と責任などを管理し、継続的に改善するための枠組み)を確実に回すことが求められています。つまり、運転マネジメントシステムの適正化です。
当社ではこの解決策として、お客様と課題を共有し、(1)運転管理高度化コンサルテーションの実施(2)運転管理システム「j5」(ジェイファイブ)の導入を組み合わせた運転管理ソリューションを提供しています。

国内60サイト、ユーザ6,000人の実績

「j5」は運転管理システムのマーケットリーダとして、資源開発、石油、化学、発電など幅広い産業分野を対象に、全世界で500サイト以上の稼働実績があります。当社はj5の国内輸入代理店として、運転管理高度化コンサルテーションの実施をとおして、お客様と課題を共有したうえで、j5International社、パートナーと連携しながら、お客様に運転管理システム「j5」の導入をご提案します。すでに、国内では約60サイト、6,000人のユーザが日々の運転管理業務に「j5」を活用いただいております。
近年、生産現場はさまざまなビジネス環境の変化やICTを駆使したデジタル化の波などを背景として、これまで以上に生産システムの変革への対応が求められています。
当社は、運転管理ソリューションのリーダとして、お客様、そして産業界にとって新しい価値を創造する運転管理ソリューションを提供してまいります。
大坂宏
代表取締役社長 大坂 宏

【経歴】

石油精製エンジニア、産業用リアルタイムシステム構築のシステムエンジニアを経て、1992年にプロセスエンジニアリングとシステムエンジニアリングを融合させたエンジニアリング・サービスを提供する大坂システム計画株式会社を設立。現在は、直接ユーザ企業の生産現場に入り、コンサルタントとして、業務分析をとおして、操業上の問題点を整理し、ユーザに適したソリューションを提供するエンジニアリング・サービスを中心に事業を展開している。2014年7月にはj5 International Limited 社製の運転管理システム「j5」を国内に展開する株式会社j5Japanを設立し、代表取締役を務める。