インタビュー記事が重化学工業通信社に掲載していただきました。

マン島に本社を持ち、開発拠点を南アフリカのケープタウンに持つ「j5」。 同社が開発したプラント運転管理システム「j5」が急成長している。 この5年間の平均売上増加率は35%、この2年間では60%という高率で売上高が伸びている。

 昨年には、日本にも日本法人 j5 Japanが設立され、その後に開催されたワークショップには、120名が参加した。 わが国でもすでに、オイル&ガス会社が導入しており、今後も市場を拡大する気配だ。 j5 Japanの取締役社長である大坂 宏氏に、好調の要因について語ってもらった。

続きを読む